lopi lopi(ロピロピ)さんにインタビュー記事をアップしていただきました。

美少女ソロアイドル“永遠少女症候群☆ゆゆ”4月10日のデビューに向け準備は万端!

{5} 「新しい時代にふさわしいまだ見たことのない女の子」を探す、 講談社主催の女の子オーディション【ミスiD2017】を受賞し、一躍注目を集めた牧原ゆゆ。そんな彼女はソロアイドル“永遠少女症候群☆ゆゆ”として新たなスタートを切ることが決定。自身の21歳の誕生日でもある、2017年4月10日に東京・恵比寿CreAtoでデビューライブが行われる。 彼女はなぜソロアイドルを目指したのか、ライブが目前に迫った今の心境などを探るべくインタビューを敢行!是非ともこのインタビューを読んで、4月10日のお披露目にも足を運んで頂きたい。 <b>~自分の世界を表現できる活動がしたいと思って【ミスiD2017】に~</b> ――ロピロピとしても初めてのインタビューということで、まずは自己紹介をお願いいたします。 永遠少女症候群☆ゆゆ(以下ゆゆ):永遠少女症候群☆ゆゆです!よろしくお願いいたします。 ――よろしくお願いいたします。4月10日にデビューライブとのことで、ファンの方の前に立たれたときの自己紹介とかも決まっていたりするんでしょうか? ゆゆ:「永遠少女症候群☆ゆゆです!」を伝えて普段はMCを少なめでライブを見てほしいなって思っています。 ――ありがとうございます。ロピロピでももちろんなのですが、このインタビューでゆゆさんのことを知る方も多いと思います。アイドル名の「永遠少女症候群☆」とはどこからきたのでしょう。 ゆゆ:“年をとっても、見た目が変わらず、永遠に少女のままでいれる女の子”っていうコンセプトでこのアイドル名に決めました。 ――デビューするまでに至った経緯はいかがでしょうか。 ゆゆ:まず、【ミスiD2017】にエントリーしたときは、アイドルになりたかったという想いはそこまでなかったんです。アイドルになりたいという想いはそれ以前にあったんですけど、色々と失敗ばかりで…。でも、アイドルとは別で自分の世界を表現できる活動がしたいと思って【ミスiD2017】にエントリーしたんです。そこで、自分の過去を打ち明けたり、落ち込んだときに思い浮かべていた言葉とかをSNSを通して書いていたら、「元気付けられた!」って言ってくれる人もたくさんいて。そういうことができるのってやっぱりアイドルなのかな?ってミスiDの最中に思い、今回のソロアイドルのお話を頂いたのでやってみようと

ロピロピ